【即行動】原因自分論(すべては自己決定の結果)【両学長 リベ大動画】

人間力

この記事では

両学長 リベラルアーツ大学のYoutube動画
第7回 原因自分論で考える【人生論】
第87回 【真理】不幸になりたくない人が最重視すべきたった1つのこと【人生論】
を見たうえで、

  • 学んだこと
  • アクションプラン
  • 実際に起こした行動

について、みなさんにお伝えします。

みなさん
みなさん

ふーん、そうなんだー

くらいに読んでいただき、少しでもどなたかの役に立てばうれしいです。

ではいきましょう!

↓今回勉強させていただいた動画はこちら

第7回 原因自分論で考える【人生論】
第87回 【真理】不幸になりたくない人が最重視すべきたった1つのこと【人生論】

動画を見る前は・・・

失敗したことや上手くいかないことなど、マイナスの感情になることに対して原因他人論で考えていました。

例えば、嫌いな人には、「あの人ホントないわ~」

無理ばかりいうお客さんには、「本当に嫌な客だな。無理難題しか言わないじゃん」

と文句を言うだけで自分で何か動こうとはしていませんでした。

以前の私
以前の私

誰か何とかしてくれ~

学んだこと

原因自分論とは

『すべての原因は自分にある』という考え方です。

原因自分論によって、

「自分が〇〇という選択をしたから今の状況になっている。」というように、現状を客観的に認識し、そこから課題を見つけ、これからの選択にどう活かしていくかを考えることができます。

また、この考え方により良い意味で他人に期待しなくなります。
他人は変えられない。変えられるのは自分だけ。

全部自分が悪いと捉えるのはNG

原因自分論は「今の状況はすべて自分が悪い。だから我慢するしかない」という諦めの考え方ではありません

自分を責めるための考え方ではない。ということです。

誰に何を言われようとも最後に決めるのは自分自身

何事においても、やるかやらないを決める権利を持っているのは自分自身です。

結果に対する責任を負うことから逃げず、自分で決めていくことが大切ですね。

人のせいにしても、結局誰も責任は取ってくれませんし、自分の無力感(自分では何もできないんだ・・・)が育っていくだけです。

アクションプラン

今回立てたアクションプラン
  • 原因自分論で生きていく
  • 自分で考え、自分で選択・行動し、プラスもマイナスも自分で受け取る

いざ行動!

常にこの原因自分論で考えるよう心がけています。

例えば、

嫌いな人に「あの人ホントないわ~」とグチグチ言うのではなく、

・関係が良くないのは自分が拒絶しているからではないのか
・そもそも、その人との関り方に問題はなかったのか

を考え、

・自分の考えを変えるのか
・その人と話し合うのか
・どうしてもだめなら心の線引きをしてその人と距離を取るのか

自分で決めて行動しています。

おわりに

両学長の言うように、原因自分論は本当に人生を豊かにしてくれる考え方だと思います。

原因自分論を知ってから、ストレス耐性も大幅に上がった気がしています。

オススメの考え方なので、みなさんも是非参考にしてみてください。

読んでいただき、ありがとうございました。

おわり

タイトルとURLをコピーしました